スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クラーナハ展

待ちに待ったクラーナハの展覧会。思い起こせば1979年のハンガリー国立美術館展で初めてその名と作品を知り、1992年ハンガリーのブタペストに行ったついでのブタペスト美術館でサロメにメロメロになって幾星霜・・・ま、そんな大げさじゃないけど、楽しみですよ。

というわけで、上野です。

IMG_2141_512.jpg

絵の一部を隠したポスターです。これだけ見て見に行ったらびっくりするよ。

IMG_2158_320.jpg


IMG_2154_640.jpg

これを見たある人、おへそに銃弾挟まってる、って。
その発想はなかったです。

IMG_2155_512.jpg

土曜のお昼ということもあり混雑を予想してたのですが、あらら、団体チケット売り場で一組待ってるくらいでスムースに入場。内部も空きすきでゆったりと鑑賞できてこりゃ最高。

版画も多く展示されてて面白い。天使や悪魔や魔物たちの表情が楽しい。

ウィーン美術史美術館とアムステルダム国立美術館の所蔵品が多いのね。ブタペストからは一点。サロメだけど・・・
もう一人のメロメロサロメは・・・いない。

目玉であるユディット。なぜだかこれだけガラスのケースに包まれている。きっと日本の空気に触れると分解しちゃうのだろう。

絵画の多くがキャンバスではなくて板に直接描かれてる。当時はまだ板絵が普通だったのでしょうね、だからなのか割れてるように見える作品もある。その割れ目も絵の一部として妙にそそる。そしてまた輸送も大変だろうなと、保険代はいくらだろうかなどと妄想がふくらむ。


図録は当然購入。そばに図録用バッグも売っていた。ちょっと迷ったけど図録入れて持ち歩いてるとちぎれそうな気がして買わなかった。大き目のバッグ持ってたしね。

クラーナハがいっぱい。
IMG_2166_640.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
カテゴリ
何人目?
月と星と妖精ダストのブログパーツ ver2
FC2プロフ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。