スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伊藤若冲展

jaku待ち合わせで都内に出るついでに見てこようかと思い、行って来ました。画集とかでは見てたけど、実物はさぞ凄いんだろうと想像してたんだけど、想像以上でした。

プライスコレクションのなかでも異彩を放つ一室、最初の「鶴図屏風」見た瞬間に総毛立ちましたw

ってのは大袈裟ですが、他の絵師が霞んでしまうほどの圧倒的で異質な波動を放ってます。絵の前に立つと、酔うなぞくぞく感が上半身から頭頂に向けて湧き出てきます。どこかへ突き抜けてるんですねえ。自分の才能を理解するやつが出てくるのを千年待つと言ったらしいですが、その抜け方や、すごいです。

この展覧会は、プライスコレクションと銘打ってるように、若冲メインで行くとちょっと期待はずれになる可能性もあります。なんといっても数が少ないから。でも、粒は揃ってる気がします。花鳥人物図屏風、鳥獣花木図屏風なんてすごいのがありますから。鶏図もいいですよ。


最後の部屋で、光を調節して昼と夜の絵の見え方を比較できるコーナーもあるんですが、面白い試みだと思いました。ただ、そこまでやるならついでにろうそく使うとか行灯なんかも用意して欲しいと思うのはわたしだけでしょうか・・・いや、照明の調節だけでも見え方の変化が激しくて楽しかったですけどね。



そうそう、最後に、応挙の屏風があるんだけど・・・さすがです。異空間に吸い込まれそうになりました。。。危ない危ないw
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
カテゴリ
何人目?
月と星と妖精ダストのブログパーツ ver2
FC2プロフ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。