スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鬼のミイラ

宇佐の近くにあるらしいというので連れられてきた一見何もなさそうな、駐車場のそば。長い階段の登り口に、鬼のミイラの由緒書きの看板一つになぜか塩の皿が置かれてる・・・塩の皿を見た瞬間、「一人でいってき」


またかよ。。。


oni


普通の民家っぽい入り口。かなり怪しいです。ほら、なんか写ってるし・・・。


ガラス戸を開けると、目に入ってくる大きな木魚。6畳くらいの場所に仏壇があり、右隅にくだんのミイラが安置されていました。安置って言っても座ってますが・・・


きれいな歯並びです。手も足も3本指です。3本だから爪切りもらくちんだったでしょう。なんだか隅っこで明かりというか光が足りないような、そんな感じがしました。


降りてきてなぜ行かなかったのか聞いたら、「衰退の気が充満してたから。」だって・・・。


だから、そういうのは、最初に言ってくれーーーー!!

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
何人目?
月と星と妖精ダストのブログパーツ ver2
FC2プロフ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。