スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

貴船神社と川床

奥社前には臨時の駐車場が出来てて駐車料金とられます。そうなんです、川床シーズンインなんです。

奥社は気持ちいいよ。
IMG_1800_640.jpg

気持ちいいついでに気も大きくなり川床します。
IMG_1807_640.jpg

IMG_1808_640.jpg

雨上がりのせいで少し肌寒い・・・
熱燗欲しい・・・
ふところ一気に寒い・・・

クレカは使えません。現金を用意して水着も用意して・・・(。_・☆\ ベキバキ

中社も近いので参拝しておきましょう、水占ないもしなくちゃね。
宅配便は電動はしごを使ってますよ。重いのね。なんだろ。
IMG_1813_640.jpg

ここは、いつも本殿斜め後ろのお社が気になって仕方ない。
スポンサーサイト

京都旅3日目:御香宮神社(ごこうのみやじんじゃ)

神社着いたら雨止んだよ。

IMG_1767_640.jpg

kouzui-1.jpg

水の神社だった。

水占ないもある。
ここのは水を垂らすようにかけるのだけどうまく出なかったりする。
わたしのはとっても読みにくくて判別不能だった・・・なんでやねん。

IMG_1775_640.jpg

雨もやんだし、では貴船に行こう。

京都旅3日目:宇治

朝からどしゃぶり。

朝食食べながら宇治川ながめてます。
IMG_1765_640.jpg
IMG_1766_640.jpg

宿は、花やしき浮舟園

まあ今日はほとんど帰るだけだから雨でもいいのだけど・・・

そうだ、雨ならやはり水の神社だね。
小降りだったら貴船にしよう。

おっと、その前に、宿の近くの御香宮神社に行かねば。
伏見とセットという噂もちらほら(ほんとか?


おまけ
夕方の宇治川
DSCN0210_640.jpg
DSCN0211_640.jpg
DSCN0213_640.jpg

日向大神宮

お天気もそろそろ我慢の限界かもという感じに雨雲おおきくなってきました。

午後はどうしましょうか?

ふーむ、雨降りそうだから、市内でぶらぶらと・・・
地図を見ながら考えてる。

日向にしましょう。

以前2回ほど参拝してますがいいとこです。
記憶は薄れつつあるけどw

DSCN0190_400.jpg

DSCN0197_640.jpg
思い出してきた。
あと40mがなかなか。
伏見のお山を登った後だけに
こたえますよ。

でも行く。

まあまあ楽勝。

ところがさらなる試練が待っていた・・・
奥の山に伊勢の遙拝場があるって書いてある(-。-;)

かなり迷ったけど
行っておくか
背中も押されたし

DSCN0203_640.jpg

なんか長そうなんですけど・・・


40mよりははるかに遠かった。

DSCN0206_640.jpg
でもこっち側は見えないねえ

反対側の方が見晴らしよいです。


降りてきたらとうとう雨が降ってきました。
神社巡りは終了です。

まだ今日の宿に入るには早いのよねえ、どこかでお茶する?
検索すると近くにイノダコーヒー本店があるではないですか。
混んでるので有名なのは知っていても入ったことないので行ってみましょう。

すると店の隣の駐車場は空いてるしお店も一組待っただけですぐ入れてラッキー。
疲れた体にはケーキセットしかありません。

続きを読む

伏見稲荷:まだまだ怪しい御産場道

いろんなのまざってます。
道教系とか
DSCN0182_400.jpg

十二支全部そろってるとことか
DSCN0184_640.jpg

お腹の中におみくじって怖いともっぱらの評判w
DSCN0186_640.jpg

そして終点。
お昼時は大賑わい。
DSCN0188_640.jpg

さいごに今回の目的の一つがまぐちを探します。
参道の食べ物出店にひかれるひかれる、お腹すいてるからしかたないのでちょっと肉串に手を出したり、、、
やっと見つけた、ちりめん工房布遊舎伏見店。
きつねさんのがまぐちかわいいよ。
IMG_1857_640.jpg
IMG_1858_640.jpg

人混みに負けて、お昼は参集殿内の食堂ですませてしまいました。

伏見稲荷:蛙の神社

末広神社には蛙だらけ。
DSCN0176_400.jpg竹の鳥居は珍しいかも。
DSCN0177_400.jpg手水場の蛙は似合ってるね
DSCN0178_400.jpg賽銭箱にもかえります
DSCN0179_400.jpg子連れかえる
DSCN0180_400.jpg
福かえるんだってよ~。

ここ正面は普通なので中まで入らないと蛙に会えません。
DSCN0181_400.jpg

伏見稲荷:下り

下りは速い。
DSCN0165_400.jpg二の峯中之社
DSCN0166_400.jpg間の峯荷田社
DSCN0169_400.jpg三の峯下社

DSCN0170_640.jpg
おいしそうなお水

DSCN0171_640.jpg
なんか飛んできた・・・

そして四つ辻に戻ってきたら人がいっぱい・・・
おなかがすいてきたので何か食べようかと思いましたが先を急ぐことにしました。

三つ辻からルートを御産場方面へ。
四角いおもかるいし。
DSCN0172_640.jpg

某U、奥社奉拝場では重かったけど今回の願い事は軽かったそうです。

DSCN0173_640.jpg
こっち見んな。

伏見稲荷:山頂 一の峯

一気に一の峯かと思いきや、中間に点に長者社がありましてん。
ここには人がいっぱいで、写真撮ってる外人さんや祝詞をあげてるひとたちやらで繁盛してまっせ。
DSCN0156_640.jpg


人が多いので素通りしようとしたら目に飛び込んできた大岩。石とあっちゃあ無視もできないので探索。
DSCN0158_640.jpg
うむ、なかなかの大岩。

さあ頂上へ・・・
まだまだ続く長~い石段が待ってるのだった。

DSCN0160_640.jpg

やっと見えてきた、
あの光が、

パライソだ(違

DSCN0161_640.jpg

DSCN0164_640.jpg
山頂、狭い。
タイミング悪いと長蛇の列ね。
お社の奥の右手におみくじがあります。
おみくじは、金属製の棒を取り出すやつで、書いてある数字を脇の掲示板にはってある表で確認しましょう。
IMG_1759_640.jpg

山頂到着は10時。登り初めて2時間半か。ゆったりペースで楽ですよ。あとは下るだけ。

伏見稲荷:寄り道も必要なのだ

さて、どっちから攻めようか。

右回りか左回りか、どっちでもいいらしいが、後から聞いた話では右回りの方が楽なんだって奥様。
えー行く前には聞いてないから左回りにしちゃいましたよおくさまぁ~。

と、その前に、左手の方から手招きが?
名称未設定-3
えーん、急難ですけど・・・

わけもわからず登っていって一番奥に・・・
ありましたねえ、猿田彦社。

左回りにすると、最初のチェックポイント眼力社。
新体操のきつねさんがお出迎え。
DSCN0136_640.jpg

金俵と格上げ座布団はなかなか物欲をそそります。
帰りにしようと通り過ぎちゃった、一周するからもう通らないのにね。
まあ、必要ないってことなのかな・・・
DSCN0138_640.jpg

滝があるらしいのでまたまた寄り道。
DSCN0141_400.jpg
降りたり登ったり・・・

滝は人工の滝行用でしたがなかなか雰囲気のある場所。
夜は最高みたいな。かなりこわい。
九尾さんもいてはります。

名称未設定-4
木列矯正かしら。

薬力社につきました。
DSCN0152_640.jpg
一服したいけど、、、
だーーーれもいない、、、
先を急ぐか・・・

左回りの場合、ここで休みましょうね、このあと、頂上まで一気の上り階段です。

DSCN0155_640.jpg

伏見稲荷:まだ中間地点

DSCN0125_640.jpg

三つ辻というところに到着。

地図がありますが、みなさんここで絶望にうちひしがれるのですw

名称未設定-2

うぎゃ、まだ半分も来てないの?!って。

右手を見上げれば

ながーーーーーい石段が、

DSCN0126_400.jpg

登ってきたおばちゃんが、まだ先は長いの?
そうですねえ、頂上までは3・40分はかかるかなあ。
ひえぇ、帰ろうかしら。
10分くらいで見晴らしのいい場所に出ますからそこまでは行ってみた方がいいですよ。
そうなん、じゃあもうちょっとがんばろう。
というような会話もありましたなあ。


DSCN0129_640.jpg
一休み中の老夫婦、絵になります。

DSCN0128_640.jpg

そして、中間点の四つ辻到着。

DSCN0132_400.jpg

DSCN0134_400.jpg

伏見稲荷:塚だらけ

噂には聞いていたけど、実際見ると圧倒されるほどの数、どっちを向いても塚・塚・塚。

DSCN0120_400.jpg

いろんなとこらから手招き受けてるような変な気分。

大きな木もお祀りの対象になりますね。

DSCN0116_400.jpg

ひきこまれそう。
DSCN0117_400.jpg

新池
DSCN0123_400.jpg


京都旅2日目 伏見稲荷

DSCN0105_640.jpg

早朝、参集殿のお部屋から失礼しますと。

6時くらいにはもう山ガール系の数人の集団がどんどん鳥居をくぐって入っていってます。登るんですねえ。
心配してた(実はしてないけど)お空の案配もいいかんじ。お昼までは降らなさそうなので余裕ですな、われわれも。

参集殿は6時まで玄関開きません。準備してチェックアウトも済ませ人がゴミのようだになるまえに登りましょう。
と、7時半には登り始めたのに、なんてこった、もう外人さんたちがいっぱいだ。

なんでこんなに外人さんばっかりなの?
いつのまにやら、伏見稲荷は外人観光客の聖地になっていたのであります。
そんな文句の横断募やら幟までもがあっちにもこっちにも・・・うーむ。(写真取り忘れちまったが、なんだか神社にはそぐわないと思う。)

お山登ってるほとんどの外人が必ず持っている物、それはな~に?
いやでも気がつく、、、、自撮り棒。
ふーん、いろんな種類があるんだなあ。いや、感心してる場合じゃない。
振り回したら危ないじゃないか。。。>走って登る中国人

千本鳥居中程では韓国人グループと思しき一団がモデル撮影会してるし・・・

そういえば、おいなりさんと相性がわるかった同行者はどんな様子かと見れば、普通に登れてるみたい。
聞けば、いま、マブヤがないらしい・・・
邪氣を落とすためにセージを吸わされたらマブヤまで落ちちゃったらしい。
おいおい、それじゃあ、あんたのマブヤも邪氣の仲間だったのか・・・
違うらしいw、ショックで落ちたんだと力説しておるのでそういうことにしておきましょう。

DSCN0114_640.jpg

右側通行だと強調してます。



伏見到着。お宿は参集殿。

月もきれいに良く晴れておる。明日もきっと大丈夫だね。

DSCN0104_640.jpg

新しいデジカメはさらに進化しているのです。(また買ったんかいな
NIKONのP900、3ヶ月待ちで買いましたよ。
80倍の威力はすばらしいの一語に尽きますな。


DSCN0102_640.jpg

嵐山でちと贅沢な食事

嵐山で梅干し買うのが大きな目的。
おうすの里はネット販売してないから買いに来ないとねえ。

お土産物色しながら散策は楽しいね。
前回保留の竹林奥にも行ってみた。
真夜中はもっと楽しそうだ。行かないけどね。
IMG_1748_640.jpg

タケノコが成長しきってしまって残念・・・
成長する前に会いたかったよ。(いや、食べれないから

お、ひねくれものもいた。
IMG_1746_640.jpg

土曜の午後なので観光客は多いのだけどやっぱりフルシーズンじゃないのか込み込みではない。
だからお店も余裕で入れる。

今日の夕食は、お・に・くです。


IMG_1755_640.jpg

新緑(に近い)の大原野神社

順調に京都までやってきました。
このまま高速で大原野神社まで直行しましょう。

前回来たときは秋ももう紅葉が終わりかけてました。
茶店のおばちゃんが一番いい季節は新緑ね。
とういう一言が忘れられず時期的にはちょっとずれますが再訪。

DSCN0093_640.jpg
茶店の上も、

DSCN0097_640.jpg

いたるとこきれいな緑。

DSCN0094_640.jpg
蓮池や、顔を出すカニさんこんにちは。

そうだ、京都行かなくちゃ

今年の一月に、今年はどこに行こうかとなにげなく考えてたとき、ふとBSをつけてみた。
伏見稲荷が出てきた・・・

おろ?伏見かあ、そういえば、おもかる石までしか行ってないなあ。
齊さんの漫画にも頂上まで行くとすばらしいとあったなあ。

でも、同行予定者に稲荷神社と相性が悪い人がいるしなあ。
どうすっかなあ。
先に熊野かなあ。

と数日後、twitter見てみると、最初に出てきたのが伏見稲荷のちりめんがまぐちの写真。
あ!これ欲しい。で決まりました、伏見詣で。
あはは。弱いのぉ~、物欲物欲。

早速日程調整。
6月上旬に決定、宿も確保。

というわけで、梅雨真っ最中なのに京都向かってます。
予報は明日から雨らしい。
心配はしてません。
もし呼ばれたのであれば登れるはずです。

曇りがいいです。。。(-∧-)



寄生獣怖し

人間じゃないもの、そりゃ怖いはずだ。というか、異質さに震える。

いろいろ変わった者や物に詳しい友人も初めて見るタイプということだ。

キチン質もいやだったけど、蠕動はもっといや。

カレンダー
05 | 2016/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
何人目?
月と星と妖精ダストのブログパーツ ver2
FC2プロフ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。