スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鳥ちゃん迎撃石オフ


一年ごとに渡ってくる鳥乙女さんの迎撃石オフが恒例の吉祥寺「いせや」公園通り店で行われました。そういえば、いせや本店は取り壊しなんですね、え?立て替えなの?公園通り店はそのままなんだ?こっちもかなり古びてきてるけど大丈夫なのかな?w

みんなが驚いたことに、なんとクーラーが設置されていました・・・これ前回のオフにはなかったよね、この部屋。とても快適になってるじゃありませんか、これこそ「いせや」公園通り店の生き残り策でしょうか?w最初扇風機回ってないのになんで涼しいのかなあって、誰も気づいてなかったっていうのもすごい話です。鳥ちゃんなんか、「いせやは暑いから薄着してきたのに」だって。

一年ぶりの鳥ちゃんはあいかわらずです。でも、オーブ写真が撮れるようになってきたからもうすぐです・・・って、なにがだろ?w
830-2
で、恒例のいせやのオーブはというと・・・

撮れてました。わたしのデジカメでSUKUNEさんが撮っ
た中の一枚にしっかりと。SUKUNEさんも、TOSHIさん曰、2段階くらい上がってるから、ということなので、これからいっぱい撮れるようになるのではないでしょうか。





830-1
ばおばぶさんもあいあかわらずあちこち飛び回ってて楽しそうですね、でも気をつけないとかなり危険です、あの胸の中にくい込んでる物は何でしょう・・・

まあ、人のことは言えず、わたしも結構大変。繋がりがまったく変わったのかな?それともまったく違う方向からの繋がりが出てきたというべきか・・・

TOSHIさん、開口一番「どうしちゃったの?ぜんぜん、別人になっちゃって、なにそれ?どこに繋がってんの?」と、頭の上の方を指さす。そうなんだよなあ、24日にマサからも、「まるっきり違うとこからきてる。前は龍神系だったのに今は女神系」・・・女神系ってなんだよ~?(ーー;)「女神カード持ってる?」持ってないよ~「持った方がいいよ。」(;;^◇^;;)(;;^◇^;;)って会話がなされていたのだが、見える人にはなんか今までとは違う物が見えるらしい。確かに今年に入って変化が加速してるのはわかっているけど、その正体はなに??やっぱり去年の9月のマウイからだよなあ・・・

体の変化も確かめたいから、整体行くか。。。

スポンサーサイト

QAC最終日

824-2


さすが70%オフの最終日は大盛況、シャンパンにケーキも3ホール、石とシャンパン並んでます。


ケーキあるのになぜかはしらねどナイフがない・・・ビールの差し入れあっても、栓抜きがない・・・なんていうのはハプニングでもなんでもないよね、石屋にはそんなもの必要ありませんww。


824-1


とにかく、かんぱーーーい。って、エビアンなんか持ってるのはだーれ?w

お店の奥で車座で酒かっくらってるのは・・・わたしです。(´∀`*)ウフフ 顔赤くてすいません。


 


aq-1結構長い間お店に残ってたアクアマリン。まだあるんだと手にとって触ってたら、「やっぱりそれもってるんだ」とA子さん、え?「なんどもそれを手に取ったんだけど、やっぱり私のじゃないって思ってたら、Bさんがそれはぱぐさんぽいよねって言ってたから。」


だそうです。いやー、70%オフはいいねえ。こんなの買えちゃうなんて。



 

台湾人でいっぱいの箱根神社

820今日もいい天気。ってか、暑いね~
今日のご祈祷は、ニューフェイスの神主さんでした。まだお若くてイケメン系?声の通りはまだまだですかね?

ご祈祷の最中に、中国人のガイドの拡声器による案内が大きく聴こえててかなり気になりましたね、台湾からのツアーみたいですが、ちょっと困り者です。

勉強会の後は

819-1お寿司屋さんが作ってくれるおいしい料理に舌鼓を打ち、夜中の宴会へとなだれ込みます。



819-2神棚を撮ってみると・・・
まだまだ未熟者ですw
カメラのせいにしておこうかな。

川奈のお宿で勉強会

bu-1恒例の夏の数霊(かずたま)勉強会inお宿。17日がぶーちゃんの誕生日だと言うので中級メンバーによるケーキプレゼント。とってもおいしゅうございました。

キルフェボンのイチゴタルトケーキ。

ギベオンの錆

molniel隕石大好きです。ギベオンとモルダバイトがその中でも特に好みです。モルダバイトは正確には隕石とは言えないけれど、感覚はまったく宇宙のものだから一緒です。



その好きなやつを組み合わせたペンダントヘッド。宇宙言語(と言われてる)三角形がモチーフなのでしょうか。(ジェーンアンも宇宙の共通言語は三角形なのよと申しておりました。)体の周囲にも多数の三角形があるそうですが・・・



このペンダントヘッドは、ハワイはマウイ島に住んでる怪しい芸術家ニールの作品です。彼の作品は、ハレアカラへの途中にあるクラロッジの売店で売ってますので行く機会があればぜひご覧になってください。
怪しいっすよ。


ニールといえば、先だって6月にJA先生のワークに参加した人に見せてもらったのが、そのニール作の「金のやじり」・・・ちがうな、金のボルト?、金の弾丸?、いやいや金のインプラント(に違いない)・・・参加者全員がもらったそうで、皆がつけてる姿を想像したら・・・め・ま・い・してきた。



ギベオンは鉄質隕石で鉄だから湿気の多いところでは錆びちゃうんですよねえ…いちおうワセリンとか塗ってるけど、東京の湿気の多い夏は乗り切れません、錆びてます(;_;) レコードキーパーらしいとも言われてる表面のウイッドマンステッテン模様もさびしげですw。



さび取るのに磨いてもいいもんだろうか?何で磨いたらいいのかな?べとつかないで、さびないようにできないのかな?
夏場なんて汗でべったりなったらさらに錆び度が進むんじゃないかと怖くて身に着けて外出できませんよねえ。


ああ、だからギベオンのナイフなんてとっても買えないんだよねえ。密封して飾っておけばいいと言う意見もありますが、常時触りにくいのってやですもんね。樹脂コーティングとかできないのかな?ナイフなら油べっとり塗って置けばいいのかもしれないけれど、それでも錆びたって話を聞いたこともあるし・・・

吾妻ひでおの復刻本

復刊ドットコムで復刊された模様、さっそく注文して手に入れてしまいました。すでに持ってるのと重なるけど、書下ろしとか入ってるからしかたない・・・



さすがに20年前の本は茶色くなってるしねえ・・・

新しいのは白くていいやねえ・・・



azuma-21.「定本・ときめきアリス」



【発行】チクマ秀版社

【判型】A5判、並製

【頁数】207頁



幻の作品集が遂に復刊!80年代前半に書かれた吾妻版“アリス・イン・ワンダーランド”、約20年振りの刊行!現在迄に再刊(単行本・文庫)が一度もなされなかった作品集です。初出順に再構成。ボーナストラックとして、“少女”をモチーフとしたカラーイラスト集。

■特別解説  山本直樹  
■カバー書き下ろし


azuma-3これが、20年前の本。












azuma-12.「夜の帳の中で」



【発行】チクマ秀版社

【判型】A5判、並製

【頁数】340頁



著者の最も望むスタイル、傾向の(純文学・私小説)作品群を集成した決定版。

■カラーイラスト7頁,モノクロイラスト2頁収録

■カバー・あとがきコミック新作書き下ろし

■特別解説書き下ろし 作家 川又千秋



どちらも1890円

午前3時のお月見

そろそろ寝ようかとしたら、ふと窓から差し込む怪しい雰囲気。そういえば、満月だったなとベランダに出て見ると、南天に浮かぶおっ月さまひとつ。・・・いっぱいあったら怖いがな(^_^;)

下側に流れる雲にあたるあやしい光。これは写真に撮るしかないってんで、デジカメ取り出し撮影。

いっぱいデジカメあるから、撮り比べればいいんだけど、もう真夜中で半分寝てるし、眠いからめんどくさいのでいつものリコーのカプリオR2でしか撮ってません。

m809月見だから三つというわけではないけれど、フラッシュあり、なしと微妙な色違いが撮れました。

三脚なしのてぶれがいい味です。(☆_・;)☆\(`-´メ)oバキッ

石探横町2006夏

805-1土日はスモールMFA展、石探横町です。去年から始まったMFA展が、規模の小さなものを石探横町と名前を変えています。いしたんよこちょう?だれがネーミングしたのか、ちょっと呼びにくくはないですか?それとも、せきたんよこちょう?こっちだと、ほかのものと間違えちゃいますねw。石炭売ってたらわらっちゃいますが。

もうてっきり去年の場所だと思いこんで行ってみたんです・・・ありゃ?

ない・・・

場所変わったのかな?

ということでインフォメーションに聞きに行こう。と、、、
あら?あのインフォメーションのそばの・・・



805-2というわけで、突然現れる一区画にブースが並んで石売ってます、なるほど横町wひょっとしたら、参加するお店が少なすぎて会場借りると採算取れないからとかとかかんぐったりしてw
とっても開放的な場所ですね、遙か上の天井から明るい陽光が降り注いで明るい会場です、石も見やすいです、でもじっくり見るなら日傘いりますね。



一通り見回って、目をつけてた両頭のいちご水晶はやっぱり売れてます、ちょっと高かったんだよぉ~、結局、スーパーセブンのオーバルカット石(28x18mm)と水晶の塊の端っこに小さなピンクトルマリンがちょこんとくっついたものをゲッツ。
ふと気が付くと、石仲間たちがアフガンブラザーズのブースの中で宝探しの真っ最中、けっこうすごいお宝を探し当ててる模様でした。

805-3お茶してるときに、危ないグリッドをこちらに向けないでよ!と、さけぶ、某Sちゃん。なんかとばっちりを受けてるようでしたが、後遺症は大丈夫かな?wまあ、あなたの石が大半なんだからしょうがないよねwwグリッド作ったのは某Cさんだからね。


さて石も買ったし、QACに行こうとしたら、・・・なぜか拉致られて、お酒なんか飲んでるわたしがいる・・・

でも、あたらしく面白い人たちと知り合えて楽しかったから良し。今日も酒が旨いぜ。

三の丸尚蔵館

三の丸尚蔵館の若冲展行ってきました。

有楽町でやってる石探横町に行くついでにね、大手町で地下鉄降りてC10出口が近そうだと出て行ったら・・・・横断歩道を二回渡らなければいけないじゃないか、しまった、C13のほうだったかと、地上に出てから思ってももう遅い、じりじり照りつけるお日様の日差しの下青になるのを待ちましょう(-_-;)

大手門・・・初めて入ったかも。。。入場の番号札を渡してくれます、出るとき返すだけだそうです。入場料ただです。まあ、三の丸尚蔵館は展示室が一室しかない小さなところだから(全部で16点くらいで約半分が若冲)、高い入場料なんか取られたら怒りそう。。。
805

所蔵品としての若冲は、「動植綵絵」30幅がメインですが、一度に展示できないから何期かに分けて展示してるみたい。今回は第4期で、鳳凰メインです。でも鳳凰より池辺群虫図に惹かれてしまう。かえるがいいんですわ、へびの巻きつき方とかもw、そしてリアルなイモリの赤。

いままで知らずにいて1期から3期まで逃しちゃったのは残念ですが、5期行っときましょう。

そうそう、画集と絵葉書セットなんかも売ってます、動植綵絵の画集は1200円とお手ごろですが、ちょっと写真の色合いが暗すぎて実物とのギャップが大きすぎるので買いませんでした。
カレンダー
07 | 2006/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
何人目?
月と星と妖精ダストのブログパーツ ver2
FC2プロフ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。